結婚式(ブライダル)前後でアレンジする矯正

大切な日を最高の笑顔で迎えるために

「結婚式があるから歯並びを治したいけど、時間的に治療はムリかも・・・」大切な日を最高の笑顔で迎えるために、まずは見た目の悪い箇所(主に前歯部のガタガタやすきっ歯の目立つ箇所)を優先して治療していきます。
結婚式の直前には一時的に矯正装置を外しますが、新婚旅行など長期で外す場合は、歯が後戻りしないようにマウスピースなどで固定する場合もあります。
結婚式を終え、新婚旅行から戻られましたら再度、矯正装置を装着し治療を続けます。

Q&A

普通の矯正と何が違うの?

気になる箇所を優先的に改善し、結婚式の直前にブラケットを外すのが特徴です。
式の間は透明のマウスピースで歯を固定し、結婚式、新婚旅行終了後、再び矯正を始めます。

どれくらい前から治療を始めればいいの?

結婚式の日から逆算してブラケットを装着するまでになるべく早い方が比較的良好な結果を得ることが可能です。
前歯のガタガタを目立たなくするには少なくとも3~6ヶ月間の矯正期間が必要です。

ホワイトニングもできますか?

マウスピース型矯正装置(capo)の場合、結婚式の前にホワイトニングジェルを併用していただくことにより歯を白くすることが可能です。
ブラケットを装着している方は結婚式直前にブラケットを外してホワイトニングを行います。
特に白い歯をご希望の方は、提携歯科医院でのオフィスホワイトニングもおすすめです。

歯を抜いたすき間はどうなるの?

歯を抜いたすき間は見えないように仮歯を着けます。式の当日はすき間を気にせず快適にお過ごしいただけます。

マウスピース矯正料金・期間(回数)

【料金】 60,000円~   【期間(回数)】 2ヶ月~(3回~)

※症例により異なりますので、診断後にお見積りと合わせて治療にかかる期間の目安を提示します。

治療中の注意事項

歯磨きの際、取り外したマウスピースのお掃除が必要です。ケアを怠ると虫歯や歯周病のリスクが高まります。マウスピースを装着したまま食事や色のついた飲み物を召し上がると破損や着色の原因となります。
また自分で装置の取り外しができるため、ついサボって外したままの時間が長くなってしまうと思うように歯が動いてくれません。最低でも1日18時間の装着が必要です。

※マウスピース型矯正装置(capo)は完成物薬機法対象外の矯正歯科装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。