矯正治療について

歯列矯正とは

歯並び・咬み合わせは見た目だけでなく、様々な器官に影響することも

歯列矯正とは、歯並びと咬み合わせを整える治療です。主な方法としては、歯の表面にブラケットという装置を接着し、そこにワイヤーを通して歯を動かしていきます。この方法以外にも歯の裏面に装置を装着する裏側(舌側)矯正やマウスピース矯正、部分矯正などがあります。
矯正をすることで、歯を削ることなく、口周りの見栄えや顎にかけてのバランスも美しく整います。逆に、歯並びが悪いとどうでしょうか。歯磨きが行いにくく、虫歯や歯周病を引き起こしやすくなります。また、しっかり噛むことができないことにより、様々な器官に支障をきたし、病気を引き起こして老化を早めてしまうこともあります。

歯列矯正の流れ

相談
歯並びや口の中の状態を見て、その時点で分かる範囲の治療内容、期間などについての説明をします。
資料採取
歯や顎の状態を検査するため、数種のレントゲンやお口の中の写真を撮り、歯の模型を作り、治療計画を立てます。
診断
検査結果についてご説明し、実際につけていただく矯正装置や治療内容、期間、費用などについて具体的にご説明します。
治療開始
患者様のご理解が得られた上で、準備を始めます。虫歯などの症状のある方は、矯正と並行して治療していきます。
矯正装置の使用は清掃が難しくなるので、ホームケアの方法をしっかりとご指導してまいります。
矯正装置を装着
装置を装着し、歯を動かしていきます。
保定装置を装着
歯を動かす治療が終了後、しばらくの間は、生理的に元の歯並びに戻ろうとしますので、保定装置を装着して後戻りを防ぎます。

矯正の装置の種類

  • プレート
    プレート
  • リンガルアーチ
    リンガルアーチ
  • リテーナー
    リテーナー
  • クリアーブラケット
    クリアーブラケット
  • リンガルブラケット
    リンガルブラケット
  • マウスピース
    マウスピース

症状のタイプ

  • 叢生(そうせい)
    叢生(そうせい)
  • 八重歯
    八重歯
  • 上顎前突
    上顎前突
  • 下顎前突
    下顎前突
  • 空隙歯列
    空隙歯列
  • 正中離開
    正中離開
  • 開咬
    開咬

割引サービス

ご家族割引 ご家族(ご兄弟・親子)をご紹介いただくと2人目の方は10%割引となります。